夜勤専従看護師とは、その名の通り夜勤のみ行います。

 

夜勤専従になるには、2パターンあります。

 

1つ目は、1つの病院や施設に所属する場合です。

この場合のメリットは、常に同じ職場での勤務となりますので人間関係が構築されやすく、病棟勤務でも患者さんを把握するためとても働きやすいです。

 

救急外来やICUの場合は毎日患者さんの入れ変わりが激しいので患者さんも日々変動し、行くたびに患者さんの状態を把握しなければいけませんが、物品の位置等も把握していますので働きやすい事にはかわりありません。

 

ですが、デメリットとして後ほど紹介します派遣での夜勤専従看護師に比較し夜勤手当が安めの設定となっています。
1回の夜勤手当が1万3千円〜1万5千円前後となっており月収としては30万〜40万円となっています。

 

2つ目は、派遣で様々な場所に行く場合です。

とは言っても数カ月単位で勤務先が変わりますので、毎回勤務先が違うと言う事はありません。

 

この場合のメリットは、お給料が高い事です。
夜勤手当が1回2万円前後なので、月収では40万〜50万円前後となっています。
逆にデメリットは、数カ月単位で職場が変わりますので、勤務先が変わるたびに人間関係を構築しなければいけません。
また、物品の位置や患者さんの状態の把握、病院や施設ごとの方針や手技などもその都度把握し行わないといけませんので大変です。

 

夜勤専従は、お給料が高くとても魅力的な仕事ではありますが、看護師免許を持っていれば誰でも行えるというわけではありません。
経験が浅ければもちろん務まりません。
ある程度のキャリアや知識が必要となりますので、キャリアを積んだ後に興味がある方は是非夜勤専従看護師になってください。