最近では、夜勤で働く看護師が不足している事を御存知でしょうか?

 

昔は、日勤と夜勤を両方行うものしか常勤雇用として雇用していなかった職場が多かったのですが、最近では日勤のみの常勤雇用が増えてきました。

また、病院勤務でもパートやアルバイトでの雇用が増えてきたため、常勤雇用での夜勤で働く方が少なくなったのです。

 

子育て中や介護中の方は、夜間自宅を空ける事が困難な方が多いと思います。
私も小さな子供を育てている為、夜勤を行っておらず日勤常勤雇用で勤務しています。
私が勤務している職場は同じような方が多く、スタッフの中の半数の方が夜勤をしていません。

 

その理由は、旦那に夜間子供を2人任せて仕事を行う事が困難だからなのです。
小さな子供を男性の方が世話する事は安易な事ではありませんものね。
まして、離乳食の時期となると食事をあげながらミルクの管理をしなければいけませんから、とても大変な事です。
私と同じように夜間家を空けるのが困難な方が多いのではないででしょうか。

 

昔は、親と同居している家庭が多かったり、実家の近くに住んでいたりと、親にも頼る事が出来ていた方も多かったと思います。
ですが、核家族となったため、親を頼る事が困難な家庭も多いと思います。

 

また、託児所付きの病院も増えてはきましたが、まだまだ数は少ないのです。

 

小さな事もだけではなく、親の介護をしながら看護師として勤務している方も多くいらっしゃいます。
日中は、デイサービスや訪問介護などを利用してお世話をしてくれる人がいますが、夜間は家族が世話をしなければいけません。
このような事が理由で、夜勤する看護師の方が少なく、人員が不足しているのです。

 

その為、夜勤専従での勤務や夜勤アルバイトを募集している職場が増えてきたのです。