病院側は夜勤から教えたくない

 

 

 

夜勤専従などでの雇用をする病院の多くは、日勤で雇用された事がある方が選ばれています。なぜ、日勤経験者の方が選ばれるのか?と思われると思いますが、きちんと理由があるのです。

 

その理由についてご説明します。

 

最大の理由は、日勤で勤務している方は新人の頃からきちんと教育や指導を受けているからです。
看護学校を卒業しただけでは看護師として一人前ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

病院へ入職し、いちから技術や知識を習得することで一人前の看護師となる訳です。
先輩看護師からの指導の他にも研修や勉強会に参加する事で、知識や技術を習得する事が出来るのです。
このような経験を積んでいなければ自分よがりの判断で行動してしまうためミスを行っているにも関わらず気付かない事もあります。
ですので、日勤での経験がないと夜勤専従として雇用されにくいのです。

 

2つ目は、病院勤務で日勤での経験をしていることで様々な患者さんの看護を行っていく中で判断力と知識を身につけているからです。
病棟勤務の場合ですが、夜勤に比較し日勤では1人の受け持ち患者さんは少ないです。
ですが、夜勤で行う事より日勤で行う方が1人の患者さんに対して行うケアや看護はとても多いのです。
入院している患者さんは24時間病院にいています。
そのような患者さんの1日の流れを把握するためにも日勤での経験はとても重要なのです。

 

救急外来でも同じ事が言えます。
夜間にももちろん搬入はありますが、やはり昼間にも多くの患者さんが搬送されます。
様々な患者さんを診るだけではなく、周囲のスタッフの技術や専門医の指示や判断のもと看護を行う事でさらなるスキルが形成されるからです。

 

このような事から、夜勤専従看護師になるには日勤で形成された知識や技術が求められるのです。